日本最初の楽団であった日本交響管弦楽団は分裂し、裏切られ多くの借金を負い山田耕筰氏は傷心していた。楽団が所有する沢山の楽器をトラックに積み込み、東京から茅ヶ崎の南湖に、家族と共に移り住んたのであった。
昭和元年の事である。


   〜〜山田耕筰氏の童謡百曲集の解説から〜〜

 争闘の渦を逃れて松翠香る茅ヶ崎の砂丘に愛児らと心ゆくまで遊び戯るゝとき、月夜遠浪の音に聴きほれて茅屋のヴェランダに仰臥するとき、煩忙な、あまりにも煩忙な公的生活によって阻まれていた私の創作意は、私の過去の生活に於いてかつて味解し得なかった清澄な心境と静寂の聖座にぬかづく心とに促されて、生き々として萌え出づるのでありました。
 晴朗な湘南茅ヶ崎の大気。その晴朗な大気と愛児らの素純。それこそは私の胸底に徒らなる永き眠りを強いたれていた「歌」に朗かな暁の光を点じたのであります。実にこの曲集は私一生の深き思い出となるばかりではなく、私をして過ちなき路を辿らしてめた貴き友であるといわねばなりません。私にとっては感謝の歌であり、また凱旋の歌でもあります。
 私は今、この曲集を祖国の父と母に、姉と妹に、そして愛するコドモに贈るにつけても、切に希ふ。−−−児らの愛によって生れ出でしこの「父の歓喜の歌」をして、児らの心に培はしめ、さらにその果実をして世の多くの悩める父の心を慰め、くもれる母の胸を照らさして給えと。
 昭和二年四月三日
    茅ヶ崎南湖の居にて
       耕作


直線上に配置
元に戻る

赤とんぼのまち茅ヶ崎

平成18年8月1日

没後40年山田耕筰を讃える会
山田耕筰氏と茅ヶ崎について